はじめにしておきたい初期設定

WordPress(ワードプレス)を導入したら、
最初にやっておきたい設定変更編。

  • 使用するエディタの解説と設定方法
  • ブログタイトルや説明文の変更方法
  • コメントをどのように受け付けるかの設定方法
  • パーマリンクの設定方法


まずは、自分で使いやすいエディタを選びます。
デフォルトでは、「ビジュアルリッチエディタ」を使用しています。
まず、これがビジュアルエディタ。

マイクロソフトのWordみたいな、
感覚的な操作で文字を打てます。
文字を大きくしたり、赤くしたりしたら、そのまま見た目が反映されます。

で、こっちがHTMLエディタ。

文字装飾タグなど、そのままタグが反映されます。

この2つの画面を、タブをクリックするだけで行ったり来たりできるし、
それぞれのエディタじゃないと使えない装飾などもあるので、
徐々に慣れていきたいですね。

ちなみに、文字装飾タグは、「AddQuicktag」というプラグインで、
簡単に設置できます。

さて。
この「ビジュアルリッチエディタ」。
実は私、最初から使ったことがありません。

私のエディタはこんな感じ。

なんか、どうせタグは全部プラグインで登録してあるし、
HTMLエディタだけあったら良くない?

ということで、「ビジュアルリッチエディタ」の設定を切っています。

これはもう、お好みで。。。

次いで、ブログのタイトルや説明文を変更する場合はここ。
※画像をクリックすると拡大表示します

変更したら、末尾にある「変更を保存」ボタンで保存します。

さらに、「ディスカッション」では、
コメントを受け付けるかどうか、などを設定できます。
※画像をクリックすると拡大表示します

それから、「パーマリンク設定」。
※画像をクリックすると拡大表示します

「パーマリンク設定」とは、ブログ記事のURLを、
どういうスタイルで表示させるか、選ぶことができる機能です。

選択したテーマによっては、パーマリンクの指定があるものもあります。
このブログでも使っている、「賢威5.0テンプレート」も、
パーマリンクには指定がありますので、ご注意ください。

もし、何も指定が無ければ、どういうスタイルにしたらいいかを
ここで設定します。

まず、ワードプレスのデフォルトでは、

http://webdesign2013.com/?p=123

という設定になっています。

この、「?」とか、「=」といった記号を含むURLですが、
「?」(時には「&」も)を含むURLは、「動的URL」と呼ばれています。

動的URLは、検索エンジンには好まれない、などと言われていましたが、
現在では、検索エンジンの技術もめざましく発展していて、
さほど気にする必要はないそうです。

ただ、URLによっては、やたらURLが長くなったり、
覚えにくいURLだったり、謎の記号が入っていて警戒されたりするので、
敬遠される傾向にあります。

逆に、一般的によく見かけるのが、

http://webdesign2013.com/contents/

こんな風に、「/」(スラッシュ)で終わっているURLや、

http://webdesign2013.com/mail.html

こんな風に、「.html」などで終わっているURLのスタイル。

これを、「静的URL」と言います。

自分のブログの記事を、「このページだよ」と、
分かりやすく相手に示すには、
なるだけ、URLはごちゃごちゃしていない方がいいですね。

そこで、ワードプレスでは、「パーマリンク設定」をすることで、
このURLの表示方法を変更することができるのです。

「日付と投稿名」を選択した場合は、記事ごとに「日付と投稿名」を、
「月と投稿名」を選択した場合は、記事ごとに「月と投稿名」を、
それぞれ設定する必要があります。

「数字ベース」を選択した場合は、投稿順に数字が割り振られます。

「投稿名」を選択した場合は、記事ごとに「投稿名」を設定する必要があります。

「カスタム構造」を選択した場合は、自分で好きなスタイルに、
パーマリンクを設定して、静的ページを作成することができます。

    【 /%post_id%/ 】
    http://webdesign2013.com/123/

  • 投稿記事ごとに自動で割り振られる番号(数字)を表示します
    【 /%category%/%post_id%/ 】
    http://webdesign2013.com/カテゴリー名/123/

  • 投稿記事ごとに自動で割り振られる番号(数字)の前にカテゴリー名を加えます
    【 /%postname%/ 】
    http://webdesign2013.com/example/

  • 投稿記事ごとに自分で設定する記事名を表示します
    【 /%category%/%postname%/ 】
    http://webdesign2013.com/カテゴリー名/example/

  • 投稿記事ごとに自分で設定する記事名の前にカテゴリー名を加えます
    【 /%post_id%.html 】
    http://webdesign2013.com/123.html

  • 投稿記事ごとに自動で割り振られる番号(数字)を表示し、最後は「.html」で終わります
    【 /%category%/%post_id%.html 】
    http://webdesign2013.com/カテゴリー名/123.html

  • 投稿記事ごとに自動で割り振られる番号(数字)の前にカテゴリー名を加え、最後は「.html」で終わります

まぁ、記事ごとにいちいち名前をつけて回るのも面倒ですし、
【 /%category%/%post_id%/ 】が、一番いいかな、と思います。個人的に。

※このブログは、「賢威5.0テンプレート」を使用しています。
「賢威5.0テンプレート」には、指定のパーマリンク設定がありますので、
賢威ユーザーの方は、そちらに従ってくださいね。

>>ドラッグ&ドロップでサイドバーが作れる『ウィジェット』へ

あわせて読みたい関連記事

“はじめにしておきたい初期設定” への2件のフィードバック

  1. [...] 育てていくための『プラグイン』 WordPress(ワードプレス)は、 >>はじめにしておきたい初期設定 [...]

  2. [...] WordPressをはじめたら、最初に入れておきたいプラグイン AddQuicktag よく使う文字装飾タグなどをあらかじめ設定できるプラグイン。 詳細はこちらで解説しています(別窓で開きます) Akismet スパムコメントなどからブログを守ってくれるプラグイン。 詳細はこちらで解説しています(別窓で開きます) All in One SEO Pack SEO対策用のプラグイン。 brBrbr 文字入力時の「ワードプレスって2行以上改行できないよね><」を 解決してくれるプラグイン。 詳細はこちらで解説しています(別窓で開きます) Broken Link Checker 昔の記事などに貼られたリンク切れのURLを教えてくれるプラグイン。 Category Order サイドバーのカテゴリーの表示を、 自分好みに変更できるプラグイン。 Contact Form 7 お問い合わせフォームを作ってくれるプラグイン。 詳細はこちらで解説しています(別窓で開きます) Redirection 後からテーマを変更した、などの、「パーマリンク設定」が変わっても、 自動でリダイレクトしてくれるプラグイン。 Similar Posts 通常記事の下に、「この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます」 という表示をしてくれるプラグイン。 詳細はこちらで解説しています(別窓で開きます) WordPress Importer ワードプレスにファイルなどをインポートしてくれるプラグイン。 WP Multibyte Patch ワードプレスの日本語化を支援してくれるプラグイン。 >>はじめにしておきたい初期設定 [...]

サブコンテンツ

このページの先頭へ