全体のデザインを決める『テーマ』

WordPress(ワードプレス)では、
出来上がりのブログデザインを決める「テンプレート」のことを、
『テーマ』と呼びます。

そして、そのテンプレート「テーマ」は、
クリックひとつで、ごく、簡単に、着せ替えることができます。
さらに、いつでも、元に戻すこともできるのです。

実際に、簡単に着せ替えているので、
1分ほど、動画にお付き合いください。

実際に、着せ替えてみました。

無料ブログなどでも、テンプレートを簡単に着せ替えることはできますよね?
ところが、ワードプレスのテーマには、少し「事情」があるんです。

実は、ワードプレスの「テーマ」は、テーマごとに、細かい設定が違うのです。

ワードプレスのブログは、「PHPファイル」と「CSSファイル」で構成されています。
こういうのは別に覚える必要は無いんだけど、
ひとつひとつのテーマには、それぞれ、「PHPファイル」と「CSSファイル」があって、
テーマごとに、全部、設定が違うんです。

この、PHPやCSSを操って、自分好みのデザインに変えられるのも、
ワードプレスの大きな魅力ですね^^

ちょっと難しいな、って方は、
上の動画をみてもらえれば、です。

WordPressの作り方、手順などを、インターネットで調べてみても、
あんまりスッキリできないって方も多かったのでは?なんだけど、
テーマの数だけ、カスタマイズがあるので、
これ!っていう風になかなか書けないのも事実なんですよ。

自由度が高い分、教科書のように手順を解説するのが難しい、
という事情があったんです。

とはいえ、

  • ワードプレスのブログならほとんどに共通するカスタマイズ
  • そのテーマじゃないと通用しないカスタマイズ

がありますから、まずは、
「ワードプレスのブログならほとんどに共通するカスタマイズ」から、
解説をしていきます。

次いで、「稼ぐwebデザイン」にふさわしく、
スタイリッシュでユーザビリティの高いブログのための、
特別なテーマによるカスタマイズを取り上げていきます。

当ブログでは、「そのテーマじゃないと通用しないもの」として、
賢威5.0テンプレート」を取り上げます。
このブログでも採用しているテンプレートです。

※注意※

ワードプレスのテーマによっては、
記事を表示するためのURL設定『パーマリンク設定』を指定するものがあります。
後からテーマを変更し、「パーマリンク設定」も変更された場合、
過去に書いた記事が正しく表示されない、などの現象が発生します。

解決策としては、自動で識別してリダイレクトしてくれるプラグインを入れる、など、
方法はあるのですが、早い段階で、「これ!」というテーマを選んで、
それを使っていったほうが、後からテーマを変更した時の手間はグッと減ります。

URLうんぬんだけじゃなく、
テーマによっては、記事を書くスペースの幅が違うんです。

後からテーマをコロコロ変えた場合、

  • 記事スペースの横幅が狭くなって、改行のタイミングが合わずブサイク
  • 記事スペースの横幅いっぱいに計算して貼っていた画像が枠の外にはみ出した><
  • など、美しくないブログができてしまうのです・・・orz

    テーマを選ぶときは、できるだけ、テーマをコロコロ変えなくて済むように、
    慎重に選びましょう。

    >>自分好みに育てていくための『プラグイン』へ

    あわせて読みたい関連記事

    コメントは停止中です。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ