投稿記事と固定ページの違い

WordPressでブログ記事を書くときには、
「投稿記事」と「固定ページ」という、2種類の選択ができます。

一見、見た目は変わらないのですが、
この2つには、大きな違いがあるんです。


・・・・・・???って方もいると思うので、
もう少し噛み砕くと、

「投稿記事」は、普段発信するブログの記事として、
ごく普通に利用します。

「最新記事はこちら!」とか、
「この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます」とか、
「2012年9月の記事一覧」とかにも表示されます。

そういう、ブログとして読む、日々の情報発信に使うんですね。

対して、「固定ページ」は、
「お問い合わせフォーム」だとか、
「プロフィール」だとか、
常設する、ちょっと特別なページのために使います。

「投稿記事」は、ブログを更新したよ!という情報を、
自動で各所に送ってくれたり、「過去の記事」などとしても、
表示してくれたりします。

「固定ページ」は、そういう、「更新したよ!」という類ではないため、
記事を書いたところで、そのままでは、どこにも反映されません。

けれど、「固定ページ」には、URL編集機能があり、
自分好みのURLに編集しなおして、
「お問い合わせページ」とか、
「弊社のおすすめ商品ページ」など、
よく誘導するページの受け皿になるんです。

まぁ、厳密にはパーマリンク設定でも変わってくるんだけど、
通常記事には、書いた時点で自動的に番号が割り振られるから、

http://webdesign2013.com/123/

こういう、数字がURLの最後にくるんです。

でも、「固定ページ」なら、
http://webdesign2013.com/example/

この、「example」の部分を、自分で変更できるのね。

ざっくり、違いを表にしたらこんな感じ。

投稿記事固定ページ
URLの違い自動で割り振られた番号が設定される(パーマリンク設定で指定した場合を除く)記事名が割り振られ、後からページ名を変更することが可能
Ping送信記事更新ごとに設定した送信先に送信されるPing送信自体がされない
ブログの最近記事として「最新情報」として表示されたり、月別記事などにもエントリーされる「最新情報」「月別エントリー」などは一切されない(リンクを設定しないとどこにも表示されない)
カテゴリーカテゴリーに含まれるカテゴリーには含まれない
アーカイブアーカイブに含まれるアーカイブに含まれない

はじめてのワードプレスで困ったら、

● 毎日の記事更新は「投稿記事」

● ちょっと特殊な特設ページには「固定ページ」

と覚えておきましょう。

例)

「投稿記事」
● 今日は○○さんの事務所にお邪魔しました
● すっごくいい本に出会いました
● ワードプレスでこんなカスタマイズをしてみました

「固定ページ」
● お問い合わせページ
● サイトマップ
● 弊社商品の関連記事一覧

>>サイトマップをプラグインで作るへ

あわせて読みたい関連記事

“投稿記事と固定ページの違い” への2件のフィードバック

  1. [...] ドラッグ&ドロップでサイドバーが作れる『ウィジェット』 >>投稿記事と固定ページの違いへ [...]

  2. [...] 来てくれたお客様に見せる最新記事として扱われないんですね。 まぁ、ここら辺は、こちらのページにも解説しているのでご確認ください。 では、さっそく固定ページで「プライバシ [...]

サブコンテンツ

このページの先頭へ